読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

070-534日本語 基礎訓練 & 70-765 復習過去問

 

070-534日本語 基礎訓練に合格することは他の世界の有名な認証に合格して国際の承認と受け入れを取ることと同じです。070-534日本語 基礎訓練もIT領域の幅広い認証を取得しました。世界各地で070-534日本語 基礎訓練に受かることを通じて自分のキャリアをもっと向上させる人々がたくさんいます。JPexamで、あなたは自分に向いている製品をどちらでも選べます。

070-534日本語試験番号:070-534日本語問題集
試験科目:Architecting Microsoft Azure Solutions (070-534日本語版)
最近更新時間:2017-02-13
問題と解答:全106問 070-534日本語 基礎訓練
100%の返金保証。1年間の無料アップデート。

>> 070-534日本語 基礎訓練

 
70-765試験番号:70-765問題集
試験科目:Provisioning SQL Databases
最近更新時間:2017-02-13
問題と解答:全36問 70-765 復習過去問
100%の返金保証。1年間の無料アップデート。

>> 70-765 復習過去問

 

我々は一番安全的な支払い方式をしようしています。弊社の70-765 復習過去問を購入するなら、Paypalで支払います。Paypalは少数の手続きの費用かかる必要がありますとはいえ、保障があります。だから、弊社の70-765 復習過去問をご購入になりたいお客様は心配しないで商品をご購入ください。

われわれは今の競争の激しいIT社会ではくつかIT関連認定証明書が必要だとよくわかります。IT専門知識をテストしているMicrosoftの070-534日本語 基礎訓練は1つのとても重要な認証試験でございます。しかしこの試験は難しさがあって、合格率がずっと低いです。でもJPexamの最新問題集がこの問題を解決できますよ。070-534日本語 基礎訓練の真実問題と模擬練習問題があって、十分に試験に合格させることができます。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.jpexam.com/070-534J_exam.html

NO.1 あ なたは 、プロジ ェク ト? マネ ージャ に契約 者情 報アプリ のデー タ変化に 対して警 戒させ るシステ
ムを設 計す る必 要が あり ます 。
あなた は、 どの サー ビス を利用 する べき です か ?
A. Azure Notification Hub
B. Azure Service Bus Message Queueing
C. Azure Queue Messaging
D. Azure Mobile Service
Answer: C

070-534日本語 テスト   
Explanation:
* Scenario:
/ Mobile Apps: Event-triggered alerts must be pushed to mobile apps by using a custom
Node.js script.
/ The service level agreement (SLA) for the solution requires an uptime of 99.9%
* If you are already using Azure Storage Blobs or Tables and you start using queues, you are guaranteed 99.9%
availability. If you use Blobs or Tables with Service Bus queues, you will have lower availability.
Note: Microsoft Azure supports two types of queue mechanisms: Azure Queues and Service Bus Queues. / Azure
Queues, which are part of the Azure storage infrastructure, feature a simple REST-based Get/Put/Peek interface,
providing reliable, persistent messaging within and between services. / Service Bus queues are part of a broader
Azure messaging infrastructure that supports queuing as well as publish/subscribe, Web service remoting, and
integration patterns.
: Azure Queues and Service Bus Queues - Compared and Contrasted
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/hh767287.aspx

NO.2 あ なたは 、ユーザ ーが 、彼らが クラウ ド? ア プリ ケーショ ンに初 めて認証 していた 後にそ れらのパ
スワー ドを 再入 力す る必 要はな いこ とを 保証 する 必要が あり ます 。
あなた は、 何を する べき ですか ?
A. マイク ロソ フ ト Account 認証を 可能 にし ます 。
B. 一つ のロ グオ ン(SSO )を使 うた めに 、Azure のの Active Directory 同 期を 構成し てく ださ い 。
C. VanArsdel 建物 と Azure データ セン ター の仮 想個 人的な ネッ トワ ーク (VPN )関 係を 準備 して くだ さ い。
Azure の仮 想マ シン で WindowsActive Directory ド メイン コン トロ ーラ を設 定しま す。 統 合 Windows
証を実 装し ます 。
D. ExpressRoute を配 備し ます 。
Answer: B

070-534日本語 参考書   
Explanation:
Single sign-on (SSO) is a property of access control of multiple related, but independent software systems. With
this property a user logs in once and gains access to all systems without being prompted to log in again at each of
them.
Reference: http://en.wikipedia.org/wiki/Single_sign-on

NO.3 DRAG DROP
お客様 のデ ータ は、 輸送 中でも 安心 して も確 実に 確保す る必 要が あり ます 。
どのテ クノ ロジ ーを お勧 めしま すか ? これ に答 え るには 、 適 切な 技術 を正 しいセ キュ リテ ィ要 件に ドラ
ッグし ます 。 各技 術は 、1 回 、 複 数回 、 ま たは 全く 使用さ れな いこ とが あり ます 。 コ ンテ ンツ を表 示 す
るには 、分 割バ ーを ペイ ンの間 にド ラッ グす るか スクロ ール する 必要 があ ります 。
Answer:
* Azure Rights Management service
Azure Rights Management service uses encryption, identity, and authorization policies to help secure your files
and email, and it works across multiple devices-phones, tablets, and PCs. Information can be protected both
within your organization and outside your organization because that protection remains with the data, even when
it leaves your organization's boundaries.
* Transparent Data Encryption
Transparent Data Encryption (often abbreviated to TDE) is a technology employed by both Microsoft and Oracle to
encrypt database files. TDE offers encryption at file level. TDE solves the problem of protecting data at rest,
encrypting databases both on the hard drive and consequently on backup media.
* TLS/SSL
Transport Layer Security (TLS) and its predecessor, Secure Sockets Layer (SSL), are cryptographic protocols
designed to provide communications security over a computer network. They use X.509 certificates and hence
asymmetric cryptography to authenticate the counterparty with whom they are communicating, and to negotiate
a symmetric key.
Reference: How Applications Support Azure Rights Management
https://technet.microsoft.com/en-us/library/jj585004.aspx
Reference: http://en.wikipedia.org/wiki/Transparent_Data_Encryption
Reference: http://en.wikipedia.org/wiki/Transport_Layer_Security

NO.4 あ なた は 、Azure へ の新し い適 用を 展開 する 計画を 設計 して いま す 。 解決策 は 、 一 回の ログ オ ン経
験をユ ーザ ー
に提供 しな けれ ばな りま せ ん
あなた は、 認証 タイ プを 推薦す る必 要が あり ます 。
あなた は、 どの 認証 タイ プを推 薦す るべ きで すか ?
A. Windows 認証
B. Azure の管理 され たア ク セス? キー
C. SAML 証明 書ト ーク ン
D. MS-CHAP
Answer: C

070-534日本語 段階   
Explanation:
A Microsoft cloud service administrator who wants to provide their Azure Active Directory (AD) users with sign-on
validation can use a SAML 2.0 compliant SP-Lite profile based Identity Provider as their preferred Security Token
Service (STS) / identity provider. This is useful where the solution implementer already has a user directory and
password store on-premises that can be accessed using SAML 2.0. This existing user directory can be used for
sign-on to Office 365 and other Azure AD-secured resources.
Reference: Use a SAML 2.0 identity provider to implement single sign-on
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/dn641269.aspx?f=255&MSPPError=2147217396